Cello Love

〜もしもチェロが弾けたなら〜

ボレロにはまってフルート買ってしまった

子どもの頃、楽器をいろいろやっていたので、もともと楽器が好きなんですよね。

今は、動画でいろいろ演奏を視聴できるので、最近、チェロ以外にもいろいろ聴くようになって、あるとき、ふと見つけたラベルのボレロの動画にすっかりはまってしまいました。

オーケストラは、ガリシア交響楽団という比較的新しく結成されたスペインの楽団のようです。Student 部門の演奏会なのでしょうか。指揮は Vicente Alberola さんで、この指揮がまたなかなか魅力的なんですよね。

この動画、今日時点で 29,689,244 回の視聴となっているので、クラシック演奏会の動画としては、かなりの人気動画と言えるでしょう。指揮も魅力的ですが、楽団のみなさんも初々しく、また見守る聴衆のあたたかい視線も感じられる、大変気持ちの良い演奏会となっています。動画のアップは、2015/10/09 なので6年前ですね。

ご存知の方も多いと思いますが、ラベルはこの曲に、通常オーケストラでは用いられないサックスを起用しているので、サックスパートの皆さんの紹介の時には、ひときわ大きな拍手がおこります。

あと、最初に紹介されるのが、もちろんドラムパート(小太鼓 Tamburo Militare)の奏者。一番、大きな拍手をもらっていました。ご苦労様〜という感じです。

 

f:id:p-in:20210630111601j:plain

小太鼓が全小節を通してこのリズムを刻み続ける

個人的に一番気になるのが、クラリネットの次のファゴットの奏者。クラリネットがモチーフを奏でている間、ずっとリードをくわえたりはなしたり、落ち着きません。

それもそのはず、ファゴットのリードはとてもデリケートらしく、出だしの一音目で失敗する可能性があるわけです。でも、そういう緊張感がかえって初々しく感じられて、無事に吹き終えたときは、頑張ったね〜と、思わず拍手してしまいました。

 

 

いろいろ楽器をやったという割には、私は楽譜があまり読めず、先生に、これからは楽譜が読めた方が、絶対いいですよと言われているので、良い機会だ思って、ボレロの楽譜を買ってみました。

ボレロは、特徴的なモチーフを、次々と楽器を替えながら、演奏していくので、楽譜を眺めながら聴くと、楽しいですよ〜。

 

f:id:p-in:20210629213726j:plain

 

ところで、コロナ禍で「おうち時間」ということで、YAMAHAの電子サックス 「YDS-150」やAKAIウインドシンセサイザーEWI SOLO」、Rolandの「Aerophone Pro」などの電子楽器の人気が急上昇しているようです。

特に、YDS-150はなかなか評判も良く、予約しても1年待ちくらいの人気です。私も、例えば、EWI SOLOでボレロを楽器の音色を次々と替えながら一人で演奏してみたら、楽しそうだなと思ったりするのですが、いろいろ考えているうちに、ふと、昔やっていたフルートをもう一度吹いてみたくなりました。

ボレロの冒頭、最初にモチーフを奏でるのがフルート。とても印象的なシーンですよね。フルートは単音なので、楽譜に馴れるにはちょうどいいし、弦楽器や鍵盤楽器ほどは、骨折した小指に負担がかからなそうです。

といっても、ヤマハさんでフルートをみてみると、10万円〜数百万円のフルートがずらりと並んでいて、昔は、といっても半世紀程前なので比較できないですが、3万円くらいだったような記憶が・・・。聞いてみると、7万円代で、入門クラスのものはあるとのこと。それでも、ちょっと吹いてみたいな、というくらいの動機だと、お高いですよね。

というわけで、いろいろ逡巡していたのですが、中古楽器があるんじゃないかと思って、ネットで検索してみると、数は多くありませんが、ありますね〜。

値段も、入門クラスで、2万円から6万円くらい。状態にもよりますが、しばらく眺めて、割と状態が良さそうだったYAMAHAの YFL-211SⅡ を購入することに。お値段は46200円(税込)でした。ギリギリがまんできる範囲かな。イシバシ楽器店で、一年保証付きです。中古楽器は、トラブルがあると、自分では調整できませんからね。専門店で買うのが基本でしょう。

で、じゃじゃん。なつかし〜い、フルートです。

 

f:id:p-in:20210629191132j:plain

YAMAHA YFL-211SⅡ

一応、ネットにアップされていた写真をよくよく確認したので、大丈夫だとは思っていたのですが、思った通りの美品でした。傷はほぼなし。音の方は、とりあえず、低・中音域は大丈夫でした。高音域は、私のスキル的に無理だったので、未確認ですが、たぶん大丈夫でしょう。良い買い物が出来ました。

 

f:id:p-in:20210629200740j:plain

フルートを写真に収めるのはむずかしいですね〜

さわってみると、割と覚えているな〜とは思うのですが、やはりだいぶ運指を忘れていましたので、とりあえず、初心者用の教本と、楽譜をいくつか、それにフルートの専門雑誌を買ってみました。

 

f:id:p-in:20210629201045j:plain

教則本、楽譜を何冊かとフルートの雑誌を買ってみました

まあ、ボレロは良いのですが、私にとって、フルートはリコーダーと同じ、気軽に奏でられる笛なので、やはり、ジャズやボサノバ、ポップスやスクリーンミュージックなどで、気ままに楽しみたいな、という感じです。

今日は、アンパンマンのエンディングテーマを低音域で吹いてみました。45年ぶりにしては、まずまずかな。問題は、中音域以上ですね。

 

楽器ですから、馴れてきたら、数十万のフルートも良いですよね〜。美しいですから。

とりあえずは、何年か、これで楽しめると思います。でも、コロナ禍の品薄が解消したら、YDS-150も買ってしまうかも。(笑)

 

楽器はいいですよね〜。マインドフルネスに最適ですよ。

 

 

初めての毛替え

チェロを購入してまもなく3年、今、課題曲が「鈴木メソッド」2冊目の「ガボット」(F.J.Gossec)で、16部音符が小気味よい曲なのですが、どうも弓が弦に引っかかりにくいなと思い、以前、先生に引っかかりの良い松脂を塗ってもらって、その時すごく引っかかりが良くなったので、先生に「あの松脂何て言う松脂ですか」と聞くと、「毛替えしたことありますか?」と思わぬ答え。

私の弓は8万円ちょっとの値段だったと思うのですが、素人ですから、馬毛のランクみたいなものが値段を決めているのかと、漠然と思っていました。それで、毛替えすると結構お高いのかなと思ったのですが、実は、弓の毛は消耗品で、7〜8千円で毛替えできるとのこと。弾く頻度にもよるが、3年なら替えてもいい頃だそうです。

 

チェロは、先生のご紹介で、大阪梅田のクロサワバイオリンで購入したのですが、別に、どこでもやってくれるので、近いところでいいですよ、ということでした。

で、少し考えて、私は弓のキャリングケースは持っていないので、近くに毛替えをしてくれるところがないか検索してみると、ありました〜。

さっそく電話してみると、まあ、値段は8千円から1万2千円くらいとのこと。先生の紹介だと、割引きがあるそうです。聞いていたより、少し高いかなと思いましたが、近いしいいかなと、また、後日お電話してから伺います、と電話を切りました。

それで、翌週、お店の定休日明けに電話して、「今日お伺いしても良いですか」と尋ねると、予約制ということで、だいたい1週間後くらいになるそうです。あれ、だったら先週予約しておけば良かったなと思いつつ、「じゃ、また日程を考えてお電話させていただきま〜す」となりまして(笑)、それなら、教室のビルにあるヤマハさんでいいかなと、思い直しました。

 

私の通うチェロ教室は、京都のJEUGIAさんでやっていて、うちから歩いて20分ほどです。それ自体、割と恵まれた環境だとは思うのですが、教室の後に弓を預けるとして、次のレッスンまでに弓を取りに行かないといけません。一応、練習していかないといけないので。(汗)

チェロケースを持って取りにいくのもたいそうなので、何か、キャリングケースがあるかなとアマゾンで検索してみると、3千円くらいで、簡易のケースが見つかりました。

まあ、お安いなとは思ったのですが、いつもはチェロケースに入れているので、弓のキャリングケースを手に入れても、次に使うのはまた3年後。そう思うと、ちょっと勿体ないかな。

 

次のレッスン日、終わってから、ヤマハさんに寄って「チェロの毛替えできますか?」と聞くと、7千円くらいで、3日ほどで出来そうなので、お願いすることに。それで、問題の引き取りの時のケースについて「何か箱に入れてもらえますか?」とお願いしてみると「まあ、何か探してみます」と気持ちよくOKしてくださいました。

職人さんが、何か気になるところがあったら、またご連絡させていただきますというので、そう言えば人差し指のかかるところのカバー状のものがスライドして動くようになっているので、ついでに修理していただくことに。こちらは3千円でした。

 

ところで、以下、その時のヤマハさんの担当の方との何気ない会話ですが、

担当の方「ブラジルの弓ですね」

私   「ああ、そう言えば、そうでした」
    「松脂も替えてみようかと思っているんですけど」

担当の方「何をお使いですか?」

私   「いや、今日持って来ようかと思って忘れちゃいました」

と、何とも頼りない感じになってしまったので、ちょっと調べてみました。

 

こちらが、弓ですね。

ARCOS Nickelのバイオリン・チェロ弓でした。

f:id:p-in:20210628132859j:plain

ARCOS Nickel | VC Bow ・BRASIL

松脂は、定番商品のようです。先生にちょっと塗っていただいた松脂は、1万円前後するそうなので、まあ、当分これで大丈夫です。(笑)

 

www.shopping-kurosawagakki.com

 

さて、待つこと3日、仕上がりました〜というお電話をいただき、ちゃんと弓のケースに入れても頂いて、無事持ち帰り、レッスンの練習に間に合いました。丁寧に直して頂いて、どうもありがとうございました!

 

開封したてで、写真撮っておけば良かったのですが、とりあえずどんな感じか弾いてみたかったので、これは後日の写真です。

じゃじゃん。

f:id:p-in:20210628120850j:plain

 

f:id:p-in:20210628120825j:plain

 

で、意気揚々と持ち帰って、さっそく練習してみようと弾いてみると、あれ? 引っかかりが良くなっているどころか、弦の上を滑って、まったく音が出ません!

一瞬、パニックになったのですが、待てよ、と松脂を塗らないと引っかからないのでは?と思い、いつも通り、3〜4往復塗ってみても、やっぱり滑るばかり。

ん?となりながら、少々やけになって、20往復くらい塗ってみたのですが、ダメ。

折角、毛替えをしたばかりなのに、こんなに松脂を塗っていいのかなと、何となく残念感に浸りながら、まあ、もうちょっと塗ってみようとやってみると、40往復くらいでようやく音が鳴るようになりました。

こんなので良かったのかなと、思いつつ、まあ、音そのものは、しっかり弦にかかって良い音が出てるので、大丈夫でしょう。

何でも、やってみないとわからないものですね〜。

というか、それならそうと言っておいてくれればいいのに、と思ったり。

 

次のレッスン日、先生に「毛替えしましたよ〜」と音を聴いてもらうと、「いい音ですね」と言っていただいたので、ホッといたしました。

 

動画は、チェロを購入した、クロサワバイオリン大阪梅田店さんのものですが、毛替えの動画をアップされていたので、記念に貼り付けておきますね。

 

 

ヤマハの担当の方のお話では、モンゴルの馬の毛とか、お高めのものもあるけど、要は職人さんの仕事次第なので、毛の質というのはほぼ関係ない、とのこと。

現に、ヤマハさんでは、毛替えは1種類しか設定がないそうです。

 

余談ですが、クロサワバイオリンさんで、600万の弓を弾かせてもらったことがあるのですが、もちろん、私には音の違いは分かりませんでした。

 

弘法は筆を選ばす、の例えもあります。もしかして、弓の毛だけは、Yo-Yo Maと同じものなのかな、と思って、頑張って練習しようかな。

あ、弘法はもちろんYo-Yo Maのことですので、念のため。(笑)

 

 

 

チェロ・ラブ

Cello Love

50の手習いで始めたチェロ。この7月で3年になりますが、昨年末にバイク事故で左小指を骨折したので、思わぬハンディを負うことに。

ポジティブで優しい私の先生は、「(小指を使わなくてもいいように)第2ポジション、第3ポジションの練習が出来ているので、だいぶ先の課題をこなしていますよ」と励ましてくれるのですが、なかなか予後が悪く、もう小指は使えないかなと、最近はちょっと悲観ぎみです。

『Cello Love〜ニューヨーク・チェロ修行〜』(石川敦子・パレード)を読んだのがきっかけで始めたチェロですが、将来はこの著者のように、アマチュア楽団に参加できたらな、とかいう夢は、確実に遠のきつつあります。(涙)

まあしかし、最近ようやく気が付いたのですが、先生はチェロという楽器を通じて、音楽の楽しさを教えてくれているんだなと思い直して、ちょっと音楽の勉強もしてみようかなと、改めて決意したところであります。

チェロ指板の音域とポジション

子どもの頃は、ギターを触っていたので、それなりに楽譜も読めたような気がするのですが、習ったわけではないので、楽典というか、音楽の基礎がありません。教室では、『鈴木チェロ指導曲集』で習っていて、今、2巻の終わりかけなのですが、ここまで、ほぼ曲の丸暗記、つまり耳コピでなんとかこなしてきました。

で、先日6歳の娘が「パパ、チェロへただよね〜」というので、いやまったくそのとおりなのですが、いやいかんいかんと日頃の練習不足を反省して、まずは何となく弾いていた指板のポジションを自分なりにきちんと理解してみようと、こんなイメージをつくってみました。

f:id:p-in:20210408183742j:plain

チェロ指板の音域とポジション

へ音記号、あまり馴染みがないですね。バイオリンは、C線がなくて、G線、D線、A線にE線が入るらしいので、1オクターブ音域が高そうです。ギターの音域に近いのかな。

バイオリンの高音域は華やかでハリがありますが、チェロの音の特徴は、やはり低音域にありそうです。

宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』に、病気の野鼠の子をチェロの孔から中に入れて、ゴーシュが「ごうごうがあがあ」弾くと、野鼠の病気が治ってしまうという場面がありますが、なるほど、大太鼓なんかと同じで、低い周波数は体に共鳴するような心地よさがありますよね。大太鼓は音圧もすごいですけど。

人の耳には、20Hz以下の音は聞こえないそうですが、チェロのC線は66Hz、ピアノの一番低い音が27.5Hzらしいので、チェロの低音域はかなり優秀?ですね。ちなみに、男性の話し声が、90Hzから130Hzだそうで、これはだいたいG線の音域に重なっています。宇宙戦艦ヤマトの「さらば地球よ〜♪」の最初の音がG線の開放弦、というとイメージしやすいかも。私もG線の音が一番シックリくるというか、弾いていても気持ちが良いです。

A線の周波数は 220Hzで、中央ハの音、C4が 261.626Hzということで、上級者はA線の上の方(第5ポジション、第6ポジションとか、意味はわかりませんがフラジオとか)でかなり高音域もカバーできそうですが、第4ポジションのソの音 G4が391.995Hzで、初心者的には、この辺りがとりあえずの高音域の天井となりそうなので、それで、チェロの楽譜はだいたいヘ音記号なんですね〜。

チェロでこの曲を弾くことの意味を考える

楽器にはそれぞれ固有の音域、それに音色があって、また管楽器のように調が固定されている楽器もある。作曲家は、それぞれの時代において使うことのできた楽器の特性を活かして、曲を書いたのでしょうね。

テキストの2冊目に入った頃だったでしょうか。先生が「チェロでこの曲を弾くことの意味を考えて弾いてみましょう」と言われたのが、何だかとても印象的で、意味がわからないなりに、「そうか、そういうことか」なんて、妙にやる気が出たのを覚えています。

あれから、また1年以上たって、最近、あれはチェロという楽器の特性を活かして、演奏してくださいね、という意味だったのかなと、思えてきたのですが、気が付くのが遅いですよね。(笑)

まあ、小学生が高校の授業を受けているようなものですから、そんなもんです。

チェロのフィンガリング

気が付くのが遅いと言えば、第1ポジション、云々というのも、今回、指板のイメージの上に音名を書いてみて、初めて何となくシステムがわかったような気がしました。

ギターだと、5フレット目(2弦は4フレット目)で次の弦の開放弦と同じ音になりますが、チェロはもう少し指板の位置が高くなりますね。もちろん、チェロにはフレットがありませんが、思っていたより、ずっと高い位置でした。

これは、ギターの各弦の音程差が3度(3弦と2弦は2度)なのに対して、チェロは各弦の音程差が5度あるからなんですね。たぶん、チェロの音域の方が1オクターブ以上低音域なので、音を下げていくのにそれだけ弦の長さが必要なのでしょう。

そのため、例えばギターのブルースのアドリブのように、5フレット目からでも、7フレット目からでも自在にスケールをあやつるというようなことは、やろうと思えばできそうですが、あまり実際的ではなさそうです。

なので、チェロでは、基本的には、低音域は、第1ポジション、中音域で、第2ポジションまで。第3、第4ポジションは、高音域で使うのでしょうね。

曲の理解と演奏上の工夫

最近、レッスンを受けていてよく思うのですが、実は、楽譜には実践的な読み方があって、これは習わないと、譜面を眺めるだけでは、わからないですね。

作曲家の指示は、すべて楽譜に書かれているのですが、楽器の演奏者には、その楽器特有の奏法上の都合もあるので、もちろん作曲家は、そういった楽器の特性もすべて考慮して、曲を作り上げているのですが、演奏者の方でも、許される範囲で、もっと言うと、より音楽性を高めていくために、譜面を解釈する余地があって、自分の演奏に落とし込んでいるんだなと、感心してしまいます。

音楽を楽しむ

何事も、いろいろ勉強していると、自分の世界が広がって、楽しいですよね。今は、ネットがあるので、気軽に一流のミュージシャンの演奏に触れることもできます。音楽という世界共通の言葉で、泣いたり笑ったり、励まし合ったり、そういう何となく忘れていた体験も、またできるようになって、チェロを習い始めて本当に良かったなと思います。

小指は使えるようにならないかも知れないですが、私なりに、曲を理解して、ハンディを乗り越えていけたらなと。

ヨーヨーマ、チェロを身近に感じさせてくれる世界的なチェリスト。いつも、明るく大人な感じなのがいいですね。6歳年上の先輩です。こういう歳のとり方をしたいものだなぁと、いつも思っています。

 

 

では、皆さんも素敵な音楽人生を!